スマホ版に切り替え

HOME->中央区->本千葉 回春エステ

本千葉 回春エステ
  2016-05-25
  
求めていた居場所!

 

るか/28歳 フェロモン溢れる官能ボディ※写真は「るか

本千葉の回春エステで掴んだ情報、妻への鍵を握る「ゆうじ」というギャンブル狂の男。奴を1週間尾行し続けたが、妻のみさきとは合わずじまいだった。そして本人に直接、少々手荒に問い詰めたところ、本千葉の回春エステを紹介した男であったこと、妻が誰かを探している様子だったことなどが聞けた。探す?誰を?どうやら妻が本千葉の回春エステ店に入った理由もそのあたりの事情と関係がありそうだった。情報量と手荒い聞き出し方の詫びと謝礼に数万を手渡すと、去り際に男は呟いた。「みさとが俺と一緒にいたのも、探してる男の情報のためだったよ。あの女の居所ならストーカー野郎のが詳しいんじゃねーのか?俺とは店だけの繋がりだよ!」吐き捨てるように言い残し、男は去って行った。

 

また振り出しに戻ってしまった。いや、真相には徐々に近づいてる気がする。今度はストーカー男を見つけなければならない。といっても私がもっているカードは少ない。唯一の情報源のゆうこに再び連絡をする。「あーストーカー君?加藤さんっていってねー、ウチの店の常連さんなんだよね。お気に入りができるとストーキングするっていう困ったさんなんだよねぇ(笑)」「でも安心していいよー、人畜無害、気弱でオタクな人だからさー。危ない事をする人じゃないよ。」ゆうこの話によると加藤はスーパーの店員として働いてるようで、奴自身がペラペラと嬢に私生活を話す為に加藤の素性は店側にも嬢にもモロバレなのだという。ストーキングする男の素性が丸裸とは皮肉な話だが、兎に角、私はわずかな希望を胸に加藤が勤めているスーパーに出向いた。

 

その日の夜。ゆうこから送られてきた写メを見るまでもなく、わかった。丸眼鏡に樽のような体、シャツには目印かのようにアイドルであろうバッチが付けられている。レジに並び缶ビールを数本購入し、奴が会計をマニュアル通りに読み上げている最中に私が囁いた。「みさとのことだ、わかってるだろ」突然の思いもよらぬ言葉に驚いたのか、加藤はギョとした目を眼鏡越しに見開いている。後ろの客を気にした私が「店の裏で待っているからな」と言い残すと、加藤はコクリと小さく頷いた。

 

「僕は、なにも知りましぇーん!!」1時間後に店裏に現れた加藤は土下座せんばかりの勢いで私に泣きついてきた。話によると、みさとを気に入った加藤は半年ほど前から勤めだしたみさとに週に二回のペースで会いにいっていたそうだ。そしてみさと、いや、妻であるみさきの素姓をストーキングにより知ったという。「彼女なら、今は赤坂のクラブに勤務しているよ」ついに掴んだ妻の居場所!!長かった私の謎解きに答えが出ようとしている。

 ⇒ RSS2.0を取得
 ⇒ atomフィードを取得
 ⇒ 風俗 エステ 情報一覧


最寄りのエリアで遊べるお店をご紹介致します

閉じるボタン
回春性感マッサージ倶楽部
ノーハンドで楽しませる人妻

店名の右表記は、閲覧中店舗の無料エリアへ「女性を派遣する際の出張料金」となります