スマホ版に切り替え

HOME->習志野市->習志野 風俗エステ

習志野 風俗エステ
  2016-05-02

 

さよならだけが人生だ。

 

める/20歳 甘えたがり系女子※写真は「める

今、風俗を呼んでいる。習志野の風俗エステだ。回春性感というジャンルでマッサージを兼ねて、月に何度か利用していたのが習志野の風俗エステであった。だが、今日はいつもと趣が少しばかり異なった。

 

勤続32年。今朝、会社を辞める決心をした。上司にいびられながらもへこたれず、やがて自らが上司の立場になり。会社の同僚との出世争いの為に媚びへつらい。飲めない酒の席でバカをやり、自らを貶める。家族のため、家族のため、家族のため。自分を捨て、仮面を被り、牙などもたず、ただひたすら頭を下げて生きてきた。

 

そして昨日の夜、結婚20周年記念に妻から告げられた言葉は離婚の二文字だった。身が固まるというのはまさに言葉のままであった。何も考えられなくなった。頭の中が真っ白になる、こういうことを表現しているのだと思った。妻曰く、仕事一筋で生きて来た貴方の目に私はいなかったという。存在しない毎日を20年間暮らしてきたのだと。

 

なにをバカな!強く否定したし、説得も試みた。しかしながら妻の決意は固かった。昨日今日、決めたのではない、確固たる意志の元の決意表明であった。ここに至り、私は一晩中、自分の人生を振り返った。私の人生は一体、何だったのだろうか?

 

仕事での立場は重役という責務を担っている。愛する妻と子供も授かれた。ささやかながら小さな幸せを築いたつもりでいた。砂上の城だとも気付かずに。すべては波にさらわれ泡沫の幻となった。

 

そして会社を辞めた今、習志野の風俗エステを呼んでいる。何故だかわからない。癒されたかったのであろうか。私を繋ぐものはなくなった。人が生きると書いて「人生」いつか笑えるように人生をやり直そう。

 ⇒ RSS2.0を取得
 ⇒ atomフィードを取得
 ⇒ 風俗 エステ 情報一覧


最寄りのエリアで遊べるお店をご紹介致します

閉じるボタン
回春性感マッサージ倶楽部
ノーハンドで楽しませる人妻

店名の右表記は、閲覧中店舗の無料エリアへ「女性を派遣する際の出張料金」となります